スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

劇場

『劇場』

又吉直樹著

読むのがしんどかった

劇団のこと
役者、脚本
そういう部分での葛藤は
自分で選んだ事で
もがいたりするのは
どんなことでも
それぞれに何かはあるよ
なんて思えるけど

恋愛部分のところは
もちろん男性のやりたかった

そういう部分にも関連するけど
感情、感覚、しんどかった

私自身が自己否定なので
すべてに物事に対して触れるのが
不安で壊しそうで壊れそうで
エスカレートする可能性を
我慢して押し込めて
気持ちをごまかして

終わり方は
なんか良い感じにまとめられた
そんな風にも思えたけど

過去に追いつかれない速度で
逃げ切らないと
生きてる事が
長く長く重くしんどいものに
なるような

読了すぐなので
ちょっと感想が
まとまってませんね

| 読書好き♪ | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

もう生まれたくない

長嶋有著『もう生まれたくない』

 

著作は数冊くらいしか読んでいなくて

小説を読んで映画を見たのは

『ジャージの二人』くらいかも

 

時々目にしては

読んでみる?と思いながらも

なんとなく手にはしていなかった

 

そして久しぶりに手にしたのが

『もう生まれたくない』

 

普通の生活の中で

有名人の訃報に接しての

その時々の人の感じ方や行動

そういえばあの人は亡くなっていたんだ

なんてふと思い返したり

 

でも身近な人が亡くなった時に

感じるのはそれとはまた違っていたり

 

生活をしながら生まれて死んでいく

その中での感じが

じわじわっとした

 

普通のことで

でも日頃は普通のことから

切り離していること

 

気持ちってなんか

いい加減で勝手で不思議で

でもどれもそうなんだろう

そうしてなんだかんだ

生きて死んでいくんだろうな

 

 

JUGEMテーマ:読書

 

| 読書好き♪ | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

わたしの容れもの

よく読む作家の一人

角田光代さんのエッセイ

 

年齢もたしかほぼ同じくらいなので

読んでいると共感部分も多し

 

女性として年齢を重ねていってると

ある時点からちらちらと気になり始める

『更年期』というワード

大まかには来るべき年齢も提示されていて

それでも人それぞれにその期間を

どんな状態で過ごせるのかが

結構差があるようで

わかっているようなわかっていないような

そんな状態が目白押しな期間

 

それでも年々

「もしかして??」

な心身の状態が現れ始めては

ちょっとどきどき不安。。。なんて

 

順調にはっきり明確に誰もが大体こんな感じなら

対応もしやすいのですが

漠然としている感じがてんこ盛り^^;

 

私の最近の体調から

病院にて指摘されたのは

『貧血』

まあまあ悪い評価

 

貧血って女性は多くて

治療が必要ではなくても

食生活などで気をつけましょう

なんて指摘されてきているのはわりとありがち

そんな感じだと思うし

私も健康診断の度に境界線な数値で

気をつけましょうと言われ続けてたので

今の年齢になってきて

めまいが以前よりするとかの不調が増えてきても

『更年期』はそれくらいなら御の字

なんてダマシだまししてきてました

 

これからも色々な状態が続々現れるんでしょうね

 

この中でも書かれているように

『人の体って神秘』(というように書いてたかな)

美しいイメージだけの事じゃなくて

どちらかというと本当に想像してきているように

ならないけれど

時間が進む中で順調?に変化していくもんだと

しみじみ思っています

 

それでも生きていればこそ、なんですよね

 

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:日記・一般

 

| 読書好き♪ | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< | 2/92PAGES | >>