あなたの本当の人生は

『あなたの本当の人生は』

 

物語と現実が地続きで関連している

そんな感じがなんの引っかかりもなくて

楽しんでわくわくしながら読み終えました

 

ファンタジー好きです

めっちゃ劇的でもない感じなのに

現実に入り込んだような

夢をじんわりと満たし続けてくれるような

 

生まれて生きて死んでいくことも

どれも関連して入り混じって

別々じゃないのがすんなりと

誰もが抵抗しなければ

感じて見えてくるのではと

思わせてくれました

 

フラットな気持ちのところへ

自然にいられるようになれればな

今はまだまだしんどいところで

ぐずぐずしている

というのが私の現実ですが

 

| 読書好き♪ | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

劇場

『劇場』

又吉直樹著

読むのがしんどかった

劇団のこと
役者、脚本
そういう部分での葛藤は
自分で選んだ事で
もがいたりするのは
どんなことでも
それぞれに何かはあるよ
なんて思えるけど

恋愛部分のところは
もちろん男性のやりたかった

そういう部分にも関連するけど
感情、感覚、しんどかった

私自身が自己否定なので
すべてに物事に対して触れるのが
不安で壊しそうで壊れそうで
エスカレートする可能性を
我慢して押し込めて
気持ちをごまかして

終わり方は
なんか良い感じにまとめられた
そんな風にも思えたけど

過去に追いつかれない速度で
逃げ切らないと
生きてる事が
長く長く重くしんどいものに
なるような

読了すぐなので
ちょっと感想が
まとまってませんね

| 読書好き♪ | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

もう生まれたくない

長嶋有著『もう生まれたくない』

 

著作は数冊くらいしか読んでいなくて

小説を読んで映画を見たのは

『ジャージの二人』くらいかも

 

時々目にしては

読んでみる?と思いながらも

なんとなく手にはしていなかった

 

そして久しぶりに手にしたのが

『もう生まれたくない』

 

普通の生活の中で

有名人の訃報に接しての

その時々の人の感じ方や行動

そういえばあの人は亡くなっていたんだ

なんてふと思い返したり

 

でも身近な人が亡くなった時に

感じるのはそれとはまた違っていたり

 

生活をしながら生まれて死んでいく

その中での感じが

じわじわっとした

 

普通のことで

でも日頃は普通のことから

切り離していること

 

気持ちってなんか

いい加減で勝手で不思議で

でもどれもそうなんだろう

そうしてなんだかんだ

生きて死んでいくんだろうな

 

 

JUGEMテーマ:読書

 

| 読書好き♪ | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< | 2/92PAGES | >>