チーム・バチスタの栄光

  • 2008.04.08 Tuesday
  • 11:41
映画化された小説の
『チームバチスタの栄光』

映画を観にいきたいと思いつつ
機会を逃してしまったので、
やはり原作を読んでしまいました(^^;

阿部 寛が演じたお役人白鳥役が
気になっていて先に映画を観たかったのですが。。。
原作のキャラクター設定は
くせのある感じはハマっているのでは(と想像)
多分見た目とかは違うのだろうけれど、
それはそんなに気にならないのではないか(と推測)

医療現場でのミステリーという感じなので
けっこうヘビーな感じかなと思ったのですが、
現役医師の現場表現なので
妙に作りこみすぎな表現も無く感じられて
さくさくと読み進められましたよ

犯人は誰?というのを追及して読むというより
それぞれの人物描写とか
その人が考えている感じを読むとかいう感じ

ミステリーってそんなに好きじゃ無いという人でも
犯人探しをしなくても話を楽しめる内容だと思います

映画は映像化されるために
原作とは少しづつ設定も変わっているのだと思います
原作そのままの感触では
映像になると少しあっさりになってしまう気がするので
どこまでふくらまされているのかも
映画を見るときの楽しみにしています

JUGEMテーマ:読書


スポンサーサイト

  • 2019.10.24 Thursday
  • 11:41
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    グーバーウォーク

    カラメル手芸部

    本棚

    blogram

    blogram投票ボタン

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM