<< まるシリーズ もう少し | main | この世にたやすい仕事はない >>

バクマン。

漫画原作での実写化映画ですが
原作の漫画はいっさい読んでいないので
イメージが違うとかの自分の中で仕上がっている
大切にしておきたいところがないので
単純に映画を楽しめました

映画の『バクマン。』は
テンポも良く表現の仕方もおもしろく
役者さんたちも各々クセができていて
最後まで飽きる事もなかったです


原作のコピーをできうるかぎり本物と
判断しかねる事を伝えるための映像
というのが目的ではないのだから

漫画を読んでいるファンの頭の中での
大切で楽しんでいる物語だとしてもでも
そのファン自体でそれぞれ違うだろうし、それが当たり前で
それでなければ人って楽しくないと思います

たしかに自分の思っているものと違ったりすると
大好きであればあるほど
納得できずに腹立たしいとも思いますが

元々もそんなに原作を知っていて
アニメ、実写映画化とかになっても
それはそれかなとは思ってる方ですが
今は漫画、小説、アニメ、実写など
それぞれで表現できている事を楽しむのがいいかと思っています
 
JUGEMテーマ:映画



 

| 映画 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:18 | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://nhosan.jugem.cc/trackback/2760

Trackback