<< 駆込み女と駆出し男 | main | 職業としての小説家 >>

火花

又吉 直樹
文藝春秋

『火花』
今年 芥川賞を受賞して
日頃読書をしない人本にも興味が少ない人
そういう人たちにも
興味をもたせた作品

と言ってもさすがに話題性のためだけに
賞を受賞できるというわけでもないと思います

作品としてもお笑い芸人が主役なので
いろんな人が読みやすいと思います
ページ数も少なめだし

文章も読みやすいと思いました
それぞれの目線や立場
譲れない気持ちと挫折感
誰にでもあって
でもなんとなくは薄い膜の向こうの感情

私自身は
自分が感情移入して読むより
物語として楽しめました

| 読書好き♪ | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 14:06 | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://nhosan.jugem.cc/trackback/2730

Trackback