<< 3時のアッコちゃん | main | 降り積もる光の粒 >>

海賊とよばれた男 上・下

 『海賊とよばれた男 上・下』

主人公は出光興産の出光佐三をモデルに
物語が作られているそうです

歴史にもあまり強くないのと
近代史はより知らないので
私としては小説として読みました

百田尚樹の作品は
きっちりと調べ上げられて書かれているせいか
(内容が史実なのかどうかとういうより)
読み進めやすいと思います

戦争のあった時代を生き抜いて
立ち止まることなく進んできた
人生は迫力のあるものだと思います

私はいまだに
自分の人生をどのように生きるかを
ふらふらと惑いながら
決めかねては日々を過ごしているので
このような人の物語にふれると
いっぺんに自分の生きてきた全ては
無いに等しい気がしてしまいます

どんな時代にも色々な人が
それぞれに生きているのだけは
変わらないものなんだろうと
そう思います

| 読書好き♪ | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:58 | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://nhosan.jugem.cc/trackback/2672

Trackback