絲的メイソウ

  • 2014.05.19 Monday
  • 18:13
絲的メイソウ
ちょっと濃度の高そうな装丁のエッセイ
けっこう同調しながら読みました

もちろんここに書かれていることが
著者のことがすべてでは無いでしょうが
とりあえずこの本の中では
私のうなずきポイントが多かったです

小説とエッセイってホント
著者のイメージが共通しない気がします
もちろん細かく追求したりすると
辻褄を合わせたりもできるかもしれませんが
パッと見の印象というか
そういうのって違うもんですね


スポンサーサイト

  • 2019.10.24 Thursday
  • 18:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    グーバーウォーク

    カラメル手芸部

    本棚

    blogram

    blogram投票ボタン

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM