<< 肉無し | main | フィッシュストーリー >>

金平糖の降るところ

初期の頃の江國作品に好きなものが多くて
近年の作品は作品によって
ちょっと読み通しきれてないのがあったり。。。

今回の『金平糖の降るところ』は
ちょっと時間がかかりましたが読み通しました
後半からは調子も出てきて(^^;

好きだった作品でも
新しい作品でも
登場する女性達はタフな感じがする
見た目は女性としてきれいだったり
線が細そうな感じに表現されいてますが

「私にはこのタフな感じが足らん。。。」と

文章や言葉の使い方や表現は
やっぱり好きな作家のひとりなんですけれど

。。。女性として生まれてきて
女性の幸せという意味でもなく
人生で幸せをつかむためには
この女性達のタフな感じが必要なんかなあー

自分に足らない部分だから
それがあったとしたらの自分をイメージできないけれど

| 読書好き♪ | 10:32 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 10:32 | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://nhosan.jugem.cc/trackback/1808

Trackback

「金米糖の降るところ」江國香織
姉妹のルールは好きな人を<共有すること> ブエノスアイレス近郊の日系コロニアで育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドををルールにしていた。留学のため来日した二人だったが、誰からも好かれる笑顔の男、達哉と知り合う。達哉は佐和子との

| 粋な提案 | 2014/01/17 1:54 PM |