<< 南極料理人 | main | 鴨川ホルモー >>

私の家では何も起こらない

 幽霊屋敷が舞台の物語
短編でこの屋敷にかかわった人、幽霊になった人
それぞれの視点、時間から
あと少し、あと少しと
結末に近づいていきます

最後の短編章は出版にあたって追加されたようです
それまでの流れに対してというだけなら
無くてもいい感じもしました

でも私にとっては別の意味でポイント高かった
何十年来見続けている
そして見過ぎて現実に近づくくらい
輪郭がはっきりしてきている夢
それと同じ夢がほんの十数行ですが書かれていて
すーっと寒く
それでいてそこまで同じなら
私のこの疲弊し続けてきている感じが
わかってもらえるという安堵感
のままふーっと午睡に入りました
その時に私がもうずいぶん人間じゃなくなっているんだよ
と何かに話しかけられている
私の身体の中への声も。。。

目覚めて相方に本のその部分を開いてみせましたが
返事はなんだか微妙でした(苦笑

きっとこの小説は私の無意識のツボに
ぴたっとハマったんでしょう
読んでいてものすごくおもしろいと
ハマっていた感じは無かったのですが。。。

| 読書好き♪ | 09:34 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 09:34 | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://nhosan.jugem.cc/trackback/1192

Trackback

「私の家では何も起こらない」恩田陸 (幽BOOKS)
この家、あたししかいないのに、人がいっぱいいるような気がする・・・・・・ ようこそ、丘の上の幽霊屋敷へ。恩田陸が描く、美しく不穏なゴーストストーリー。 小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。この家...

| 粋な提案 | 2013/07/09 4:40 PM |