スポンサーサイト

  • 2019.11.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    SOSの猿

    • 2010.06.11 Friday
    • 06:32
    伊坂 幸太郎
    中央公論新社

     伊坂幸太郎はよく読むほうの作家さん

    『私の話』『猿の話』と交互に
    現実と仮想?の立場からの語りで話がすすんでいきます
    後半になって行く程それが重なったり離れたりを
    大きくしていくという感じ

    話のモチーフとして『西遊記』『エクソシスト』など
    とりいれられているのですが
    どちらも細かい事は知らなくて
    そこから内容に入るという事はできませんでした

    主人公の家族に対する
    スタンスや感じている事は
    自分がそう思って、考えている事に
    似ているところも多かったので
    日頃どうしても伝わらない親が
    その部分だけ読んでくれたら
    私の一端を少しだけでも分かってくれるかなあー
    なんて思ったりして

    内容はクセがあるほうだと思うので
    好き嫌いが分かれる気がします

    スポンサーサイト

    • 2019.11.25 Monday
    • 06:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      雁子さん&ゲリラ合唱団などキャラクターの面白さがあってよかったです。
      トラックバックさせていただきました。
      トラックバックお待ちしていますね。
      • 藍色
      • 2010/12/21 3:40 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。 エアコン販売員でエクソシス...
      • 粋な提案
      • 2010/12/21 3:07 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      グーバーウォーク

      カラメル手芸部

      本棚

      blogram

      blogram投票ボタン

      twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM