簡単に暮らせ

断捨離や片付けることが

世の中主流というか

日常の会話で普通に出てきますが

根っからの無精者で片付けられない人な私

どうしてもうまくできなくて

精神的にもかなり追い詰められてしまってます

 

同居の相方にも

好きなものを集められたりすると

幸せなの気分になる話をするたびに

『整理整頓ができない人はそんなのは

やってもダメだ』という感じに言われるので

できるだけそういう話はしないように

能力がないのだからやめるように

できるだけそういうものを見ないように考えないように

気をつけています

 

きちんとできなくても

なんとかなる方法があればなあ

と思ってこのタイトルに反応して手にしました

 

でも簡単に暮らすために

けっこう越えなければいけない山があります

それをきちんと遂行してからの簡単な暮らし

 

私は考えてるのと好きなものと

そして自分のできることのバランスが

大変良くない人間なのです

ということが

この本を読み進めてさらに思い知りました

なかなか辛いです

 

色々なことに気持ちがいかないようにする

というのができれば

もう少しいいのではないかと思います

どうなんだろう(という時点でブレてますね)

| 読書好き♪ | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

あなたの本当の人生は

『あなたの本当の人生は』

 

物語と現実が地続きで関連している

そんな感じがなんの引っかかりもなくて

楽しんでわくわくしながら読み終えました

 

ファンタジー好きです

めっちゃ劇的でもない感じなのに

現実に入り込んだような

夢をじんわりと満たし続けてくれるような

 

生まれて生きて死んでいくことも

どれも関連して入り混じって

別々じゃないのがすんなりと

誰もが抵抗しなければ

感じて見えてくるのではと

思わせてくれました

 

フラットな気持ちのところへ

自然にいられるようになれればな

今はまだまだしんどいところで

ぐずぐずしている

というのが私の現実ですが

 

| 読書好き♪ | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

劇場

『劇場』

又吉直樹著

読むのがしんどかった

劇団のこと
役者、脚本
そういう部分での葛藤は
自分で選んだ事で
もがいたりするのは
どんなことでも
それぞれに何かはあるよ
なんて思えるけど

恋愛部分のところは
もちろん男性のやりたかった

そういう部分にも関連するけど
感情、感覚、しんどかった

私自身が自己否定なので
すべてに物事に対して触れるのが
不安で壊しそうで壊れそうで
エスカレートする可能性を
我慢して押し込めて
気持ちをごまかして

終わり方は
なんか良い感じにまとめられた
そんな風にも思えたけど

過去に追いつかれない速度で
逃げ切らないと
生きてる事が
長く長く重くしんどいものに
なるような

読了すぐなので
ちょっと感想が
まとまってませんね

| 読書好き♪ | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/91PAGES | >>